縦軸と横軸

 

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は目線の話を少し。

 

ご存じの通り、目線を決める上で、チャートに水平線を引いて相場を観ています。

 

縦軸(レート)ですね。

①

横軸(時間)は?というと、横軸は意識していません。

 

どういうことかと言うと、、、

 

例えば、

【画像①】

②

水平線Aを下抜けた場合→水平線Bまでの下目線です。(前回の記事にも書きましたが。)

 

しかし、【画像②】は、すぐには水平線Aを下抜けず、↓

【画像②】

③

1週間以上経ってから、水平線Aを下抜けてきたとします。

 

はい、この場合も水平線Bまでの下目線ですね。

 

「そんな簡単ことを・・・」と思う方も多いと思いますが、時間が経つと、いつの間にか目線が変わってしまう人も少なくないと思います。

 

水平線だけで相場を観るということは、横軸(時間)は関係ありません。

 

また、縦軸(レート)と横軸(時間)の両方合わせて相場が読めたら、最高ですよね。

 

しかし、これは難易度が高いと思います。

 

理由は、例えば、縦軸(レート)で10通りのトレードパターンがあったとします。

 

更に、横軸(時間)でも10通りのトレードパターンがあるとすると、その二つを組み合わせると、倍以上のトレードパターンを考えないといけないことになるからです。

 

チャンスが多いことに越したことはありませんが、トレードパターンが多いと混乱することも事実です。

 

どちらを取るかは、その人の自由ですが。。。

 

相場で利益を出すことだけを目的とするなら、“道具”は少なくして、できるだけシンプルに深く読んだ方が近道だと思います。

 

それでは、4/4(月)のトレードはいつもの<おまけ>にまとめたので、興味のある方は覗いてみてください。

 

本日のおまけ→4/4おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの説明文のところに貼り付けておきます。

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!