相場で負ったトラウマ

皆さん、おはようございます。kenyです。

 

今朝はまだノートレですが、狙いはあるので、チャンスがきたらトレードしていきます。

 

今日は僕が過去、相場で負ったトラウマについて書いてみました。

 

過去のブログ記事でも書いている、

・チャートパターン

・水平線

・ダウ理論

・トレンドライン

・フィボナッチ

・その他のインジ

トラウマだらけですが、中でももう二度と戻りたくないのは「短期足だけで相場を読むこと」ですね。

 

短期足だけでトレードしてボロボロにされたことはやはり〝トラウマ″ですね。

 

短期足トレードって、

「短時間で効率よくトレードできる」

「保有時間も短いからメンタル的に楽」

「短期足だから簡単」

というのが魅力で、始めてみたんですけどね。

格好良くトレードしている人もいて、羨ましいと思いやってみたものの、なぜか自分がやると上手くいかないんですよね。。。

今思うと、短期足トレードの良いところしか目に入らず、〝陰″の部分が観えてなかったですね。

 

思い出して書いているだけで、あの頃には戻りたくないと思いますね。w

短期足の場合はパターンがすぐに出現してくるからか?ついつい動いている短期足ばかり目に入ってくるんですよね。

しかも、解っていても一度嵌る(短期足に)と、なかなか抜け出せないんですよね。

相場は大きい足から動いていることを実感しないと、なかなかその呪縛から逃れることはできないと思います。

(僕の場合は↑で短期足の呪縛から逃れました。w)

まだトレードを始めて間もない方は、是非参考にしてもらいたい(トラウマになる前に)ですが、実際に経験しないと難しいかな。。。

 

それでは、今週も1週間頑張りましょう!

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!