勝てない頃のチャート

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

週末、如何お過ごしですか?2月もあっという間に終わりましたね。

 

今日は時間があったので、僕がFXを始めたころ観ていたチャートの話を書いてみました。

 

まずは↓

1

ボリン&MA 複数表示して、

 

ここに↓

21

水平線を入れて・・・(実際はもっと引いていた)

 

更に↓

3

斜めライン入れて・・・と。

 

ここに“ダウ理論”を当てはめる。

 

今となって思うことは、こんなに複数の基準があって、どうやってチャート読めばいいんだろうか?

 

当時はこれで勝っている人がいると聞いてたので、なんの疑いもなく、トレード&検証してました。

 

でも・・・

 

背景が大事?

「読める訳がない・・」(←僕の場合)

 

エントリーは?MA抜けのエントリー?

「でも、すぐ次のMAがあるんですけど!!」

 

利食い目標は?

「水平線?MA?ボリン?いったいどこを目標にすればいいのか・・」

 

エントリーはミドルと水平線が重なるところ??

「そもそも水平線に基準はなく、ただなんとなく引いているだけだし・・」

 

切上げ・切下げラインを抜けたらエントリー?

「切上げ・切下げラインが綺麗に引けないときは!?」

 

こんなに基準が一杯あって心理まで読まないといけないの?

「そんなの無理だよ・・」

 

結局、一つのものを使いこなすことすらできず、この呪縛に数年間悩まされました!w

 

きっと“完璧なトレード”を目指していたんでしょうね。

 

それが今は↓このチャートに水平線だけ。

22

しかもみんなが僕と同じところに引ける基準を設けて。きっと、僕のトレードでロスカットしたところを見て、

 

「そこはMAがあったからでしょ~!」などと思った方いると思います。

 

そういったロスカット、僕は全然気にしてないです!w

 

今では、すべて完璧にトレードしようとは思ってませんし、当然、獲れないところも出てきます。

 

そんなことより、複数の基準という呪縛から解放されたかった。だから、ロスカットになったトレードでも、「これは仕方ないなぁ~」だけで済むんですよね。

 

そこに別の基準があったら、また新たな基準に合わせて相場を読んでいかないといけなくなります。

 

僕には、そんな何通りも読めません!w

 

だから、複数の基準で複雑にチャートを観るより、ひとつの基準でシンプルに深く読むことを選択しました。

 

別に水平線じゃなくてもいいと思います。

 

MA?トレンドライン?いいんじゃないですか?勝てれば何でも良いわけですから。

 

僕は水平線に行きついただけです。

 

ただ、一つのものを使いこなせないのに、ミックスはしない方がいいと思います。シンプルにすることで、観えなかったものが観えるようになってくるハズです。

 

久しぶりに↓このチャート作ってみて思ったことは

1

これで相場を読むのは、やっぱり難しいです!!w

 

また今度、僕の失敗談書いていきますね。

 

「FXマスターズクラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!