リアルのスピード感ってかなり重要です

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

今日は前回記事の最後に書いた「リアルのスピード感ってかなり重要・・・」という話の続きをまとめました。

 

早速ですが、↓の画像①のように、事前に「このレートに来たらエントリーするぞ!」と決めたレートがあったとします。

【画像①】

水平線エントリー

今回のように緩やかにエントリーポイント(赤の水平線)まで 下落してきてくれると①でエントリーできるが、↓の画像②のように、いきなり急下落してくると「あれ?イメージと違うなぁ・・」と思ってエントリーを見送ってしまうことがありませんか?

【画像2】

「同じレートなのに・・・・」

 

水平線はレートに対して引くものなので、時間経過と共に変わることがないハズですよね?

 

なのに〝急”がつくと恐怖感が生まれエントリーできない。(←偉そうに書いていますが、以前の僕です。w)

 

ここでのヒントは「同じレート」ということです!!

 

クラブでよく「ここで急下落してきたら〝恵みの雨”ですよ!!」とか、「ここの急上昇は〝叩き売り”ですよね!!」という言葉をよく使います。

 

水平線までローソク足が何本で戻ってこようが関係ないんですよね。

 

それは、時間(スピード)を観ているわけではなく、レートを見ているからです。

 

よく指標を気にされている方もいますが、僕は指標をほとんど気にしていません。(雇用統計は別です。ふり幅がデカいので。)

 

それどころか、逆に指標で急上昇(急下落)してきたらラッキー!なので、指標を利用しちゃいます。

 

これもリアルの相場で練習していくと見えてくると思いますが、指標で相場の流れが変わるどころか、読んでいる方向へ動くことが多いので利用しない手はないですよね。

 

まとめると、<押し目・戻り>までのスピードは僕らのトレードには全く関係ないということです。

 

このスピード感に慣れないと検証ソフトでは【画像①】と【画像②】両方エントリーできたのに、なぜかリアルだと【画像②】のエントリーができない・・・。

 

なんてことが僕は多かったので検証が済んだらリアルの相場で練習することをおススメします。

 

PS,

最近も水平線は波の高値・安値には引かないんですか?」と質問がありますが「波の高値・安値には引いていませんよ!」

 


為替・FX ブログランキングへ
いつも、応援ありがとうございます!


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!