値ごろ感でトレードしない理由

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

長年相場を観ていると、経験上「このあと間違いなく上昇(下落)する!!」という場面に遭遇することがあります。

 

そんなときはどうするのか?

 

エントリーチャンスがなければ見送ります。間違っても〝値ごろ感〟で、エントリーすることはありません。

 

そんな場面が昨日のユロドルでありました。↓

<6/5(月)のトレード>

①【ユロドル15分足】

水平線 トレード①

水平線 トレード

水平線 トレード

水平線 トレード

建値決済のあと「ん?これはもう下落するしかないでしょ~」と、経験上確信していましたが、ルールを無視して値ごろ感でエントリーすることはないので見送りました。(まぁ、後出しなら何とでも言えますけどね。w)

 

実際には、このあともう一度エントリーチャンスが訪れましたが、エントリーポイントまで来なかったのでエントリーはしませんでした。

 

なぜ、確信に近いものがあってもエントリーに踏み切らないのか?それは、過去に〝値ごろ感〟でトレードして、ボロボロにされたトラウマがあるからです。w

 

今は過去より経験値もあるので、そう外すことはないですが、ルールだけで勝てれば、それで十分だからです。(クラブで生徒さんに教えたルール以外はできないというのもありますが。)

 

それでは、昨日のトレード続きと、今日ここまでのトレードです。

 

②ドル円:ロング→ロスカット -4pips

逆張りでロスカット。

 

③【ドル円15分足】

水平線 トレード

水平線 トレード

水平線 トレード

水平線 トレード

順張りで利益確定。(今朝の下落で決済しました。)

 

<6/6(火)のトレード>

①【ユロ円15分足】

fx 水平線 トレード

fx 水平線 トレード

利益確定。

 

以上、今日ここまでのトレードです。それでは、今週も1日頑張りましょう!

 

「FXマスターズ・クラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄

 

いつも応援ありがとうございます!


為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!