短期足に振り回されないために必要なこと

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

エントリーしたあとに、短期足の動きをみて一喜一憂しちゃう人、結構いますよね。

 

「勢いのある陽線(陰線)が出たから撤退しようかなぁ・・・」とか。

 

ローソク足1本や2本の動きでポジションをクローズしちゃう。

 

わかるんですけどね。。。

 

でも、それの不安を払拭するには〝背景を信じて勝負する”しかないんですよね。

 

昨日(4/28)の僕のトレードに当てはめてみると、

【ドル円15分足】

fx水平線

fx水平線

保有していると、戻ってきました。不安ですよね。

「ヤバい!戻ってきちゃったよ!!このあと思いっきり上昇しちゃうかも!?」

 

そして↓

fx水平線

含み損になると「もうダメだぁ・・・」とドキドキしちゃって、早く楽になりたいから撤退(ロスカット)してしまう。

 

(もっとひどいのは「ドテンロングしちゃおうかなぁ!?」ですが。)

 

短期足を観すぎですって!w

 

僕も短期足だけを観てたら、テンパっちゃいますよ。

 

でもね、たった15分足の数本で大きい足の流れを変えることができるんですかね?

 

僕の場合は大きい足から相場背景を読んでポジションを取ったので、ここは自信持って勝負に出ますよ。

 

 

何が言いたいかというと、

「短期足のローソク数本では相場の流れは変えられず、逆に大きな流れに呑み込まれていくことが多い」ということです。

大きい足から相場を読んでトレードしたのに、なぜポジションを持つと短期足の動きを気にするのか?

短期足に振り回されないためには、大きい足(お金持ちの心理)から相場を読む必要があると思います。

 

4/28(火)は、その他に1トレードしたので、いつもの<おまけ>にまとめました。興味のある方は覗いてみてください。

(明日は月末なので、クラブもトレードもお休みします。)

 

本日のおまけ→4/29おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの説明文のところに貼り付けておきます。

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!