バイアスがかかるときとは?

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

皆さんはトレードするときに、どんな場面だと、よりトレードをしたくなりますか?

 

僕の場合、戦略を立てるときの基本は、「水平線を抜けたから、上(下)目線→だからロング狙い!(ショート狙い!)」です。

 

でも、

 

「○○の買い方(売り方)が、買いを入れてきて(売りを入れてきて)水平線を抜けたから、上(下)目線→だからロング狙い!(ショート狙い!)」

 

というように、戦略を立てるときに、「○○足の買い方(売り方)が、買いを入れてきて(売りを入れてきて)水平線を抜けたから」が、主語に来る場合は「キタ-!!」と、思いっきりバイアスをかけてトレードしていきます。

 

いつも書いている< ○○足 vs ○○足 >です。

 

例えば、「日足の買い方が買いを入れてきて、4時間足の売り方に決着をつけました。」

 

だから、上目線。

 

というか、「もう上しかない!!」と、バイアスがかかります。

 

だって、4時間足の売り方は、損を最小限に抑えたいですから、負けを認めてロスカットしてきますから。

当然の〝心理″ですよね。

 

それでは、5/20(火)のトレードはいつもの<おまけ>にまとめたので、興味のある方は覗いてみてください。

 

本日のおまけ→5/20おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの説明文のところに貼り付けておきます。

 

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!