なぜロスカットは必要なの?

 

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

今日は、(僕が思う)「ロスカットの重要性」について書いてみました。

 

FXをある程度経験している人なら、ロスカットの重要性はわかっていると思いますが、、、。

 

ロスカットをする意味は、

・損失拡大を防ぐ

・機会損失を減らす

ですね。

 

僕が「ロスカットって重要だなぁ~」と思うのは、“次のチャンスを最大限生かすため”(機会損失を減らす)です。

 

例えば、「これは上昇するはずだから!」と、ロスカットができなくて含み損を抱えていたとします。

 

その含み損を抱えている最中に別の通貨ペアでチャンスがきました。

 

前向きにトレードできますか?

 

トレードしても、現在の含み損が気になって、微益撤退になったり(もっと酷いのは恐怖心でエントリーできなかったり)、チャンスを十分生かし切れないと思います。

 

含み損を抱えたまま、ベストなトレードができる人は少ないと思います。

 

FXは勝負の世界です。

 

ひとつひとつのトレードには「勝ち」と「負け」が常につきまといます。

 

ロスカットには基準を設けて、ダメなら潔くロスカットして、次のトレードの準備をする方が効率的だと思います。

 

正しいのは自分ではなく、相場です。

 

 

それでは、トレードですが、、、

 

11/6(木)のトレードはノートレ。

 

生徒さんたちと相場観て、卒業生と反省会やって・・・今週はもうクタクタなので、終了です。

 

今週の成績は +110pips くらいでした。

 

それでは、皆さん、良い週末を!

 

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

 


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!