Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

トレードするまでにやっている6つの作業

2017.10.05

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は、よく質問されるトレード時間帯について「何時から何時までトレードしているのか?」また、「トレードするまでにやっている6つの作業」をまとめてみましたので、気になる方がいたら参考にしてみてください。

 

僕のトレード時間帯は、毎日AM8:00~翌AM1:00の間でチャンスがくればトレードをしています。(金曜日は21:00くらいでトレードを終了していることが多いです。)

 

「そんなに長いの!?」と、驚く人もいると思いますが、この時間帯はずっとPCの前に張り付いている訳ではありませんからね!w

 

性格上、じっとしているのが苦手なので、クラブの授業時間帯以外はほとんどPCの前にはいません。w(ときどきスマホでレートをチェックしています。)

 

次に、実際トレードするまでの作業を以下の①~⑥にまとめてみました。

 

①チャートを立ち上げる

 

②水平線を引く

まずは、チャート上に水平線を引いていきます。このとき不要な水平線があればどんどん消していきます。チャートは綺麗に見たいですからね。

水平線がたくさん引けてしまうときは?

 

③目線を確認する

ここでは、これからトレードをする上で必要な〝目線〟を確認していきます。目線と言っても水平線だけしかないので、②で引いた水平線で目線を決めています。

水平線の使い方:水平線のみでチャートを読むということは?

 

④利益確定ポイントとエントリーポイントを確認する

続いて、「どこで利益を確定するのか?」そして、その利益を狙うには「どこでエントリーできるか?」を、順張り・逆張りそれぞれの観点から確認していきます。

 

水平線だけで、順張りと逆張りをどう判断しているのか?は、こちら↓の記事で書いていますので、参考にしてみてください。

順張りと逆張りの定義

順張りと逆張りを区別する方法

 

⑤待つ!

あとは、待つだけです!w

待つと言っても、④でこのあと最短でどれくらい経てばトレードができるかわかることなので、それまではPCの前から離れていることが多いです。

 

⑥エントリー!

ルール通りエントリーポイントにきたら、迷うことなくエントリーをしていきます。(このとき同時にロスカットポイントも確認しています。)

 

僕のエントリータイミングについてはこちらの記事に書いていますので、良かったら参考にしてみてください。

水平線の反発確認ってどういう意味?

 

僕のロスカットの設定方法はこちらにまとめています。

エントリーポイントとストップを設定するところは?

 

あとは、ときどきチャートを見て②~⑥の作業を繰り返しています。因みに②~④に要する時間は1通貨ペア1~2分です。w

更にポジションを保有中していたとしてもチラチラ見る程度です。

 

事前にトレードのシナリオを立て、読み通り目の前にチャンスがきたときだけ行動するスタイルなので、一日中相場に張り付いている訳ではありません。

 

僕には一日中相場に張り付いていられるような集中力がありませんから。。。。w

 

「FXマスターズ・クラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ