Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

トレードするまでにやっている6つの作業

2017.10.05

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は、よく質問されるトレード時間帯について「何時から何時までトレードしているのか?」また、「トレードするまでにやっている6つの作業」をまとめてみましたので、気になる方がいたら参考にしてみてください。

 

僕のトレード時間帯は、毎日AM8:00~翌AM1:00の間でチャンスがくればトレードをしています。(金曜日は21:00くらいでトレードを終了していることが多いです。)

 

「そんなに長いの!?」と、驚く人もいると思いますが、この時間帯はずっとPCの前に張り付いている訳ではありませんからね!w

 

性格上、じっとしているのが苦手なので、クラブの授業時間帯以外はほとんどPCの前にはいません。w(ときどきスマホでレートをチェックしています。)

 

次に、実際トレードするまでの作業を以下の①~⑥にまとめてみました。

 

①チャートを立ち上げる

 

②水平線を引く

まずは、チャート上に水平線を引いていきます。このとき不要な水平線があればどんどん消していきます。チャートは綺麗に見たいですからね。

水平線がたくさん引けてしまうときは?

 

③目線を確認する

ここでは、これからトレードをする上で必要な〝目線〟を確認していきます。目線と言っても水平線だけしかないので、②で引いた水平線で目線を決めています。

水平線の使い方:水平線のみでチャートを読むということは?

 

④利益確定ポイントとエントリーポイントを確認する

続いて、「どこで利益を確定するのか?」そして、その利益を狙うには「どこでエントリーできるか?」を、順張り・逆張りそれぞれの観点から確認していきます。

 

水平線だけで、順張りと逆張りをどう判断しているのか?は、こちら↓の記事で書いていますので、参考にしてみてください。

順張りと逆張りの定義

順張りと逆張りを区別する方法

 

⑤待つ!

あとは、待つだけです!w

待つと言っても、④でこのあと最短でどれくらい経てばトレードができるかわかることなので、それまではPCの前から離れていることが多いです。

 

⑥エントリー!

ルール通りエントリーポイントにきたら、迷うことなくエントリーをしていきます。(このとき同時にロスカットポイントも確認しています。)

 

僕のエントリータイミングについてはこちらの記事に書いていますので、良かったら参考にしてみてください。

水平線の反発確認ってどういう意味?

 

僕のロスカットの設定方法はこちらにまとめています。

エントリーポイントとストップを設定するところは?

 

あとは、ときどきチャートを見て②~⑥の作業を繰り返しています。因みに②~④に要する時間は1通貨ペア1~2分です。w

更にポジションを保有中していたとしてもチラチラ見る程度です。

 

事前にトレードのシナリオを立て、読み通り目の前にチャンスがきたときだけ行動するスタイルなので、一日中相場に張り付いている訳ではありません。

 

僕には一日中相場に張り付いていられるような集中力がありませんから。。。。w

 

「FXマスターズ・クラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

トレードスタイル

2016.03.16

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

【お知らせ】
最近、ブログをはじめて見たという方がとても多くなってきました^^

そういう方はこちらの記事から読んでいただくと、

日々のトレードに役立つと思いますので、是非読んでみてくださいね。

⇒ FXマスターズクラブの真髄

——————————————————–

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

今日は、僕たちがやっている「ロスカットを狙ったトレード」について書いてみました。

 

ロスカットを狙ったトレードと言っても、相場の大きな流れに逆らったりはしません。(※逆張りは別です。)

 

大きな流れに逆らわず、短期的に逆らっている人たちの逆を突くトレードです。

 

例えば、

 

大きな流れでは、「水平線を上抜けて→次の水平線まで上目線」→当然、買い(ロング)を狙います。

 

しかし、相場では買い方と売り方が常に存在するので、中には、売り(ショート)を中心に考えている人だっています。

 

この場合、ロングがしたいので、まず売り方を探します。

 

そして、その売り方のロスカット(ポジションを買い戻す)を狙ってエントリーしていきます。

 

売り方がショートポジションを買い戻すということは?

 

レートは上昇しますよね?

 

そこを狙ってトレードするのが、僕のトレードスタイルです。

 

昔の話ですが、、、

 

僕も、短期的に「ロングだぁ~!いや、やっぱりショート!!」というようなトレードをしていました。今だからハッキリと言えますが、目線が定まっていないから当然と言えば当然ですね。

 

そういうトレードを繰り返すと、もうウンザリしてくるんですよね。w

 

目線は、そんなにコロコロ変わらないですよね。

 

それでは、3/14(月)~15(火)のトレードを<おまけ>にまとめたので、興味のある方は覗いてみてください。

 

本日のおまけ→3/16おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの

説明文のところに貼り付けておきます。

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ

相場と長く付き合うコツ

2016.03.12

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

【お知らせ】
最近、ブログをはじめて見たという方がとても多くなってきました^^

そういう方はこちらの記事から読んでいただくと、

日々のトレードに役立つと思いますので、是非読んでみてくださいね。

⇒ FXマスターズクラブの真髄

——————————————————–

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

週末、如何お過ごしですか?

 

今日は“相場と長く付き合う”ために、僕が実践していることを紹介します。

 

以下は、僕がエントリーするときの決まりごとです。

 

①出口(利益確定ポイント)を決める

②エントリーポイントを決める

③損切りポイントを決める

④エントリー(ストップを建値に変更するレートも予め決めておく。)

 

あとは、利益確定orロスカットor建値決済だけ。

 

ポジション保有中に考えることはしません。

 

なぜなら、ポジション保有中の自分の感情ほどあてにならないものはないと思っているからです。

 

ここでの感情とは?

①

②

③

「いや!待てよ、もう一度伸びるかもしれないしなぁ・・・」

 

といったように、次から次へと相場に感情を入れてしまい、元々のトレードシナリオを忘れてしまうからです。

 

また、保有中のポジションから早く解放されたくて、

 

「髭になり始めたから・・」

 

「ちょっと動きが怪しくなってきたから・・」

 

など、自分の都合のいい理由を見つけて決済してしまう人も多いと思います。(←コレ、過去の自分ことです。)

 

この感情を入れてトレード(決済)すると、トレード結果が検証したトレード結果とズレることになりますよね?

 

また、相場の動きに、いちいち一喜一憂したくないからです。

 

なので、僕はポジション保有中に感情は持ち込まないようにしています。

 

相場と長く付き合うために、場中に感情は入れず【エントリー→利益確定orロスカットor建値決済】ということを淡々とやっているだけです。

 

それでは、今週の成績は<おまけ>にまとめたので、興味のある方は覗いてみてください。

 

本日のおまけ→3/12おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの

説明文のところに貼り付けておきます。

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ

5分足でトレードしない理由

2015.12.03

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

【お知らせ】
最近、ブログをはじめて見たという方がとても多くなってきました^^

そういう方はこちらの記事から読んでいただくと、

日々のトレードに役立つと思いますので、是非読んでみてくださいね。

⇒ FXマスターズクラブの真髄

——————————————————–

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

昨日は、スカッとするトレードができました!

 

普段から5分足は全く観ていませんが、今日は5分足で昨日のトレードを報告します。w

 

トレードを始めたころ僕がよくやっていた5分足のトレードと、今の僕のトレードは真逆です。

 

【ユロドル5分足】

ユロドル5分足②

ユロドル5分足③

ユロドル5分足①

調子に乗っちゃダメですね。。。w

 

でも、好きなんですよね、上昇中に売り向かうトレードが。

 

それでは、本日もお疲れ様でした!

 

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

 

トレードで「ドテン」を使う場面は?

2015.06.01

テーマ:FXマスターズクラブの手法とは?

皆さん、おはようございます。kenyです。

 

今日は、「ドテン」について書いてみました。

 

僕は時々、ドテンしてポジションを取るときがあります。それは、「感情的になって、つい・・・」ではなく!

 

「目線に逆らってトレードしたとき」です。

 

画像で説明すると↓

 

【画像①】

画像①

背景は「水平線 a を抜けて→水平線 b まで下落する。」ですね。

 

その背景に逆らい↓

 

【画像②】

画像②

①→②の上昇を狙いロングしました。

 

背景に逆らっているので、いつひっくり返されても文句は言えません。

 

話が変わってしまったら↓

 

【画像③】

画像③

③→④狙いのショートポジションにドテンします。

 

というように、背景に逆らってトレードしているときに、背景と同調してしまったら、ドテンします。

 

だって、ここでの本命はショートですからね。

 

もうひとつ、ドテンするときがあります。

 

それは、また次回機会があれば書いてみます。

 

それでは、今週も1週間頑張りましょう!

 

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

1 / 512345