Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

3本の矢

2013.06.09

テーマ:チームの話

皆さん、こんばんは。

 

昨日の記事でメッセージを下さった方々、本当にありがとうございました!

 

僕らの意図はお伝えすることができたかなと思います。引き続き、応援いただけると幸いです。

 

さて、今日はチームのメンバーの紹介をしたいと思います。

 

僕らチームでやっているのは、それぞれの長所を生かし、お互い助け合って“相場から利益を出す”という一つの目標に向っています。

 

5人の中の誰かが欠けていたら今の成功はなかったか、更に時間が掛かっていたと思います。

 

今日はその中でも“FXマスターズ・クラブ”のトレーナーとして参加してもらっている、3名のそれぞれの担当(長所)をご紹介します。

 

Mさん【チームリーダー】

チーム最年長ながら、チーム一の努力家。

口癖は「目から血が出るまで検証しろ!」と、ちょっと恐いですが、人一倍面倒見が良く、情に厚い兄貴的存在ですw

しかも人に教えるのがすごく上手いっ!

そのMさんが僕らの基準である<機能する水平線>を発見しました!

 

Oさん【タイミング担当】

チーム一の理論派。自分が納得できないと決して前には進まない、そんなOさんの長所はエントリータイミングです!

以前は待つ事が苦手だったOさん、しっかり基準を持つようになってからの彼はチーム一、安定感があります。

短所はすぐ集中力が切れることですw

 

僕【環境認識担当】

僕は<目線ロックオン>を担当しています。

自分で言うのもなんですが、環境認識、背景を読む力には自信があります!w

普段はその他2名も含め5人でワイワイやってます!w

 

それでは明日からの1週間も宜しくお願いします!

チームの話④<ついに!勝ち組の仲間入り!>

2013.06.05

テーマ:チームの話

皆さん、こんばんは。

 

まず、“FXマスターズ・クラブ”についてお問い合わせ下さった方々、ありがとうございました。

 

昨日・本日分のメッセージは先ほどすべて返信し終えましたので、ご確認ください。

“FXマスターズ・クラブについて”はこちら。

“FXマスターズ・クラブとは?”はこちら。

 

それでは、<チームの話>シリーズ第4話、いよいよ最終回です。

その前に過去の記事は↓コチラから。

<チームの話①>
<チームの話②>
<チームの話③>

前回の記事で、またもや僕らの前に壁が現れました。w

 

その壁とは→エントリーはわかったけど『どこからどこまでいくの?』って事でした。

 

結局、それが読めないと、いいところでエントリーできていてもゴールが見えないので、少しでも逆行するとビビッてしまい、微益、微損を繰り返し、いつまで経っても自信を持ってロットを上げることができませんでした。

(↑同じ悩み抱えている人多くないですか??)

 

ならば、『どこからどこまでいくか?』読めるようになればいいだけじゃん!と、次にやるべきことが決まった訳ですが・・・

 

ここでも誰にも教わることができなかった僕ら負け組は、この壁を乗り越えるのに相当時間が掛かりました。

 

しかし、この時間こそが今の僕らの自信につながっていきます。

 

そこで見つけた答えが、

【サポートを抜ければ次のサポートまで下落する】

【レジスタンスを抜ければ次のレジスタンスまで戻る】

でした。

 

↑でも、これって色々なブログ等で言われてますよね?

 

この言葉を知っていて、

・勝てない人

・エントリーポイントも見えなければ、利益確定目標も見えない人

それは、間違った水平線の引き方をしているだけです!

(↓こんな感じで引いていませんか?)
t02200109_0800039612559461996

きっとこんな感じで引いていて勝っている方もいると思いますが・・・その方たちは“天才”だと思います。w

 

だって、そもそも水平線を引く基準が<なんとなくここ止まってるから>とか、<ここゾーンだから>って、言われても基準自体が曖昧で僕らバカにはわかりませんでした!w

 

もともと僕らは感覚では勝てないと解っていたので、どうにか全員がいつでも同じように引ける機能する水平線はないか?と、検証した結果、誰でも同じように引け、機能する水平線を見つけちゃいました!w

 

例えばレジスタンス・サポートを「こういう基準で引いてみて」と、言われればどうでしょう?

 

上の画像のような引き方にはならないですよね。w

 

その基準さえ、僕らと同じになれば、

あとは

【サポート抜ければ次のサポートまで下落する】

【レジスタンス抜ければ次のレジスタンスまで戻る】訳ですから、

相場の見方が一緒になるのは当然ですよね。

 

その武器を手に入れてからの僕らは面白いように相場を読むことができるようになりました。

 

チャート読みについては今後記事にしていこうと思っていますので引き続き、応援お願いします!

チームの話③<希望の光の先に・・>

2013.06.03

テーマ:チームの話

皆さん、こんばんは。

 

ドル円のショート獲れましたか?

 

僕は獲れませんでした!w

 

今朝からユロ円をトレードしていましたが、ユロ円のショートも獲れませんでした・・w

【ユロ円15分足】
t02200109_0800039812562909371
①午前中のブログ記事にした今月最初のトレードです。

これは、週末に4時間足が一旦戻る形になっていたので、1時間足でそれを確認して15分足の止まるべきポイントで止まったのでロングです。

基本は下で見ていたので、短期の戻り売りポイントまでと考えていました。

 

②その後、1時間足が「下にいくよ~」と教えてくれたんですが、15分足は「まだ行かないよ~」と、言っていたので、1時間足の戻り売りポイントまで15分足でロングしました。(画像撮ったつもりが保存できていませんでした・・)

 

本命はそのあとドテンショートだったんですが、利食い後、タイミングなく落ちてきちゃったので、途中のりはやめて静観していました・・・残念。

 

本日現在、2勝 トータル+40pくらいです。

 

それでは、チームの話シリーズの続きです。

チームの話①

チームの話②

何をやっても結果の出ない僕らは検証に疲れ果てていました。

 

そんな中、ある日チームの一人のある発言から一気に進展することとなります。

 

それが<ダウ理論っていつも遅くない?>です。

 

それから、いつもロスカットになるところがどんな場面なのか?皆で徹底的に検証しました。

 

すると、やはり<ダウでは遅い!>ということに気づきました。

 

なら、どこでエントリーすればいいのか?

 

それが
【押し目買いが入ったのに上げられない】

【戻り売りが入ったの下げられない】

でした!

 

確かにダウ理論では逆張りの場面なのでそれまで気づきもしないことでした。(しかし、ここが最も安全で保有が楽な場面でしたw皆さんも検証してみてください!)

 

エントリータイミングがばっちり掴めた僕らはこれで『勝ったも同然!』と、(このときは次に待ち構えている壁があるとは知らず)浮かれていました!w

 

しかし、しばらく経っても結果がいまひとつ・・・・

 

納得できません。

 

なぜ、エントリーポイントとタイミングがわかったのに今一自信が持てないのか?

 

それが次なる壁!でしたw

 

その壁とは・・・・

 

次回の記事で書いていきます!

チームの話②<何をやってもダメな僕ら・・・>

2013.05.31

テーマ:チームの話

皆さん、おはようございます。

 

いつも応援ありがとうございます。

 

昨日の相場は取り放題でしたね!w(忙しくてトレード画像取れませんでした。。)

 

それより、昨日の記事「大事な話」はご覧いただけましたか?

 

特に昨晩のユロドルの上昇は既に5/23の上昇でわかっていたことです。

 

それは【売り方vs買い方】の勝負がついていたということです!

 

そして目線をロックオンした後どう考えればよいか?画像で解説しました。

 

まだの方は是非見てみてください!

 

ではチームの話①の続きを。

 

前回の記事で僕ら5人のダメっぷりはわかってもらえたと思います。w

 

しかし、fxに未知の可能性を感じでいた僕らは諦めることは選択せず、自分たちの力で勝ち組にのし上ってみせようと努力を始めます!

 

無駄な努力とは知らず・・・w

 

その矛先が<ダウ理論>でしたw

 

朝から晩まで土日関係なく、また年越しの除夜の鐘が鳴っているときもFT2で検証していたのを覚えています。w

 

しかし、教科書通りにやっている<ダウ理論>で、なぜか結果がでない!w

 

前にも書きましたが、「8割以上負け組、2割以下の勝ち組」と言われる世界で教科書通りなことが通用するはずがないんですよね~w

 

でも、本当にこのときはそんなことに気づくはずもなく、暗く長~いトンネルの中に入っていました。

 

時々見えたかも!という光もしばらくすると消えて・・・ってのを何度繰り返したか?w

 

恐らく一人だったらとっくに挫折していたと思います。

 

しかし、1年を過ぎたころ、そんな僕らにも今までに見たことのないくらい眩し過ぎる希望の光が!w

 

続きはまた次回へ

チームの話①<諦めない限り、終わりではない>

2013.05.30

テーマ:チームの話

皆さん、こんにちは。

 

いつも応援、ありがとうございます。

 

今日から少しずつチームのお話を。

 

僕らは普段5人でスカイプしながらトレードしています。

 

常に誰かが誰かと話している状態なので、目線が一緒の僕らは外出中でも「今ってどう見てる~?」ってスカイプに入って確認したりすることができます。

 

そして、夜22時からは全員でその日のトレード反省や今後の狙いなど勉強会を欠かさず行っています。

 

今となっては皆勝ち組に入っていますが、知り合った当時は誰も勝てていませんでしたw

システムトレードでボロ負けした人

商材買い捲って大損した人

1年以上、週間収支がプラスになったことがない人(←本当です!w)

色々な手法を試し、手法探しの旅に出ていた人

など、そんな人たちの集まりでした。w

 

では、どうやって勝ち組まで這い上がってこれたのか!?

 

続きはまた今度書いていきます。