水平線トレードの考え方・目的(まとめ)

皆さん、こんばんは。kenyです。

今日は水平線トレードについて、過去に書いた記事をまとめてみました。(あと、昨晩ブログ更新後に2トレードしたので、その報告も。)

レジサポという考え方

水平線というと、皆さんが意識するのは「レジ・サポ」ではないでしょうか?僕たちは、レジサポを見つけるために水平線は引いていません。なぜ、レジサポは意識しないのか?については、こちらの記事を参考にしてみてください。

レジサポ(水平線)だけでは相場は読めない

 

レジサポを意識すると「チャートが水平線だらけで、よくわからなくなった」という人も多いと思います。

水平線がたくさん引けてしまうときは?

水平線はいつまでも残しておかない!

水平線を引く基準を明確に!

水平線でトレードするということは、その水平線を引く基準を明確にしなければいけないと思います。水平線を引く基準が決まっていないとトレードがブレてくるからです。(自分の都合で引かないようにルールを決めます。w)

水平線を引く目的

「何のために水平線を引くのか?」確認したことはありますか?

その水平線を使ってどうトレードするんですか?

水平線の罠

 

水平線を引いて「何を探しているのか?」については、

水平線で判断する買い方と売り方の決着とは?

良かったら、参考にしてみてください。

 

それでは、11/21(月)のトレードの続きです。

 

<11/21(月)のトレード昨日の続き)

①ユロ円:ショート→ロスカット -12pips

 

②【ドル円15分足】

42

ショート→利益確定。

 

でした。

 

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!