トレンド転換の「だまし」に遭わない方法

皆さん、こんにちは。kenyです。

今日は「トレンド転換」をテーマに、記事を書いてみました。

短期足のトレンド転換でダマしに遭うことが多い!という人は、参考にしてみてください。

トレンド転換は短期足から?

 

よく「相場は短期足からトレンドが変わる」と、言われていますが、確かに間違っていないと思います。

 

でも、この意味を履き違えると、大ケガしますよ!w

 

そこで、まずは僕が実際にやった失敗例から紹介していきます。

 

「相場は短期足からトレンドが変わるなら、短期足だけでも勝てるなぁ!」と思った僕がやったことは、、、。

 

ここから、画像を例に説明していきます。

 

ダウ理論をベースにトレードをしていた頃、

トレンド転換

5分足チャートで、★の戻り高値を超えたから「トレンド転換」と判断し、押し目買いを狙って行く!

しかし、↓

トレンド転換 解説

トレンド転換狙いは失敗に終わる。。。

「短期足でトレンド転換のサインが出たんだけどなぁ~」

 

続いて、MAを使ってトレードしていた頃は、

トレンド転換 解説

5分足で★MAを右に抜けてきたので、「トレンド転換」と判断し、押し目買いを狙って行く!

しかし、↓

トレンド転換 解説

トレンド転換狙いは失敗に終わる。。。

 

このように、教科書通りにやっているつもりでも「また、騙された~!」という経験が多かったです。

 

もう気づいている人も多いと思いますが、僕の最大の失敗は、「相場は短期足からトレンドが変わる」という意味を、短期足のチャートだけで判断してしまったことですw

 

今思えば、「そりゃ負けるわ!」と思いますが、当時は、ない頭を振り絞って考えましたよ。。。

 

なぜ、ダマしに遭うのか?

 

このダマしに遭わないようにするためには、どうすればいいのか?

 

そして、ようやく気づいたことは、「なぜ、そこで短期足がトレンド転換したのか?」というこです。(これが背景ですね。)

 

では、トレンド転換でダマしに遭わないためには、どうすればいいのか?

 

トレンド転換のダマしに遭わない方法

 

ここからは、僕が普段やっている水平線を使った例で説明していきます。

 

まずは、短期足より上のお兄さんの目線を確認します。

 

例えば、1時間足と5分足という設定でいくと、1時間足の目線を確認します。

トレンド転換 解説

1時間足では、水平線「a」を下抜けし、水平線「b」までの下目線と読みます。

 

ここで重要なことは「下目線」ということです。

 

では、ここに先ほどのダウ論の短期足チャートを当てはめてみましょう。

トレンド転換 水平線

もう気づいたと思いますが、ロングの背景がない(下目線にしているのに)ところで、トレンド転換の形だけで、ロングを狙っていたということになりますね。

 

今の僕が、ここで狙うのは「ショートです!」なぜなら、下目線だからですw

トレンド転換 水平線

僕が負けていた原因は、短期足の形だけで、トレンド転換を判断していたからです。

 

いくら短期足がトレンド転換したと言っても、大きい背景には勝てないと考えています。

 

下剋上もありますが。。。

相場が大きく動くときは、どんなとき?(下剋上編)

 

このチャートでは、5分足が短期的にトレンド転換したとしても、大きい足からしたらタダの戻り売りという場面です。

 

なので、短期足のトレンド転換のダマし遭わないようにするためには、「使うとき・使わないとき」を区別する必要があると思います。

 

例えば、下の例のように、

トレンド転換 fx

「背景に〇〇があるから、短期足のトレンド転換でエントリーする!」というように、大きい目線とセットで考えるということが重要だと思います。

 

「いつもこのパターンで負ける!」「よく短期足のトレンド転換に騙される!」という人は、参考にしてみてください。

 

それにしても、「相場は短期足からトレンドが変わる」と言われたら、短期足のトレンド転換狙いをやるのは僕だけですかね。。。w

 

※僕たちは、ダウ論やMAのトレンド転換ではエントリーしていません。

 

「FXマスターズ・クラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄

 


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!