手法を身に付けるには【アウトプット】が大事

【お知らせ】
最近、ブログをはじめて見たという方がとても多くなってきました^^

そういう方はこちらの記事から読んでいただくと、

日々のトレードに役立つと思いますので、是非読んでみてくださいね。

⇒ FXマスターズクラブの真髄

——————————————————–

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

FXを始めたばかりの人の中に、教科書を読んだけで、いきなり土俵に上がって勝負する人いませんか?

 

勝負ということは、相手(敵)がいるんですよ!

 

ダウ理論やフィボナッチなどチャートの形や数値の知識だけではなく、相手(敵)のことを考えたことがありますか?

 

今勉強している教科書に相手(敵)のことは書いてありますか?

 

 

ん?違う、違う!今日の記事は↑のことではなくて・・・w

 

いきなり土俵に上がって勝負するのではなく、

 

<①教科書を読む(インプット)→②覚える(アウトプット)→③勝負に出る>

 

②を飛び越して、いきなり①→③をやっちゃってる人いませんか?

 

インプットだけで相場から答えを見つけることができる人はほんとに天才ですよ。

 

だって、教科書を読んだだけで、テストで100点取れる人ですからね。

 

僕の場合は、

 

①教科書・参考書を読む(インプット)→②覚える(アウトプット)→③いざテストに臨む。

 

です。

 

FXに当てはめると、

 

①今学んでいる手法の知識を入れる(インプット)

②覚える(アウトプット)

・声に出して読む

・ノートに書いて覚える

・トレードシナリオを人に説明する(複数人で勉強している場合)

・検証する

など。

③実践で勝負していく

 

漢字を覚えるときと一緒ですよ。

 

見たり、読んだだけでは書けない。。。(←僕の場合ですが)

 

手法を身に付ける上で②アウトプットは大事な項目だと思います。

 

アウトプットを疎かにすると、

 

「ここでエントリーできたじゃん!」と、チャンスだったことに後から気付いたり、「理解したつもりで、実は何もわかっていなかった」なんてことに。

 

アウトプットで未来を予測する力もつきますからね。

 

ごめんなさい、今日の記事はまとまりがなかったので、応援クリックは不要です!w

 

手法の勉強も大事ですが、相場には相手(敵)がいることもお忘れなく。

 

では、今週も1週間頑張りましょう!

 

 


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!