「目線が大事!!」という理由

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は「なぜ目線が大事なのか?」書いてみました。

 

このチャート↓を見て、

1

2

3

4

自分もよくこんなトレードしていました。

 

短期足では下っぽいからつい戻りでショートしちゃうんですよね。

 

目線とは、

 

「上昇しているから、上目線。下落してるから下目線」ではないです。

 

僕の場合の目線の決め方は↓

6

 

なので、この場合は戻り売りではなく、戻り売りを入れてくる短期組(今までの僕がやっていたこと)のロスカットを狙ったロングを狙います。

 

7

結果は緑の波で上昇。

 

前に書いたことがありますが、水平線Bまで、すぐに上昇させるには大金を使わないといけないですよね。

 

でも、『省エネで上昇させる方法』があるんです。

 

まずは、下に下落させ、短期的なレンジを下にブレイクさせます。

 

すると、下落を狙って戻りをショートしてきてくれる人いますよね?

 

ショートが入れば入るほど、その後の買戻し(ロスカット)が期待できるので、上昇をさせたいと思っている人たちは、十分ショートが溜まったところで、仕掛ければ短期の売り方は焦ってロスカットしてきますよね?

 

ショートを入れていた売り方の買い戻し(ロスカット)が入ることで、上昇の勢いが出て予定通り水平線Bまでの上昇を形成することができます。

 

相場には常に誰かにジョーカーを引かせようと企んでいる人がいると思ってください。

 

使えるものは最大限利用したいはずですから。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

いつも応援ありがとうございます!


為替・FX ブログランキングへ

 


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!