Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

「目線が大事!!」という理由

2015.10.08

テーマ:もし相場をつくれるなら・・

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は「なぜ目線が大事なのか?」書いてみました。

 

このチャート↓を見て、

1

2

3

4

自分もよくこんなトレードしていました。

 

短期足では下っぽいからつい戻りでショートしちゃうんですよね。

 

目線とは、

 

「上昇しているから、上目線。下落してるから下目線」ではないです。

 

僕の場合の目線の決め方は↓

6

 

なので、この場合は戻り売りではなく、戻り売りを入れてくる短期組(今までの僕がやっていたこと)のロスカットを狙ったロングを狙います。

 

7

結果は緑の波で上昇。

 

前に書いたことがありますが、水平線Bまで、すぐに上昇させるには大金を使わないといけないですよね。

 

でも、『省エネで上昇させる方法』があるんです。

 

まずは、下に下落させ、短期的なレンジを下にブレイクさせます。

 

すると、下落を狙って戻りをショートしてきてくれる人いますよね?

 

ショートが入れば入るほど、その後の買戻し(ロスカット)が期待できるので、上昇をさせたいと思っている人たちは、十分ショートが溜まったところで、仕掛ければ短期の売り方は焦ってロスカットしてきますよね?

 

ショートを入れていた売り方の買い戻し(ロスカット)が入ることで、上昇の勢いが出て予定通り水平線Bまでの上昇を形成することができます。

 

相場には常に誰かにジョーカーを引かせようと企んでいる人がいると思ってください。

 

使えるものは最大限利用したいはずですから。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

いつも応援ありがとうございます!


為替・FX ブログランキングへ

 

レンジはブレイクする前に

2014.07.08

テーマ:もし相場をつくれるなら・・

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は前回の波の話の続きを書こうと思ったんですが、その前にレンジの話を書きます。

 

以前、生徒さんが「レンジをレンジと思わなくなった」と、言っていました。

 

本来、レンジは難しくて苦手だから、動き出したらトレードしていこう。

 

というのが一般的ですよね。

 

でも、僕らはレンジこそ、色々な情報が隠されていて、人が敬遠しがちなところほどチャンスがあると思っています。

 

今日はその一例を。

 

わからないからパス!という前にちょっと考えてみてください。

 

なぜ、レンジが発生するんですかね?

 

「それは、買い方・売り方が拮抗するからでしょ~」

 

確かに、それもありますが、、、

 

相場を観察してると、そうでもない場面を見つけることができます。

 

例えば、

sasa

上昇トレンドの高値圏でレンジになっています。

 

買い方vs売り方ですかね?

 

よく見ると、僕が信頼している水平線(売り方)の一歩手前で↓

sasa22

レンジになっています。

 

水平線がない場面でのレンジは「何もない」(売り方はいないので買い方と拮抗しているわけではない)ので、「もしかして?」と、あることを考えます。

 

それは、上の水平線(売り方)から<楽に落すため買いを誘う?>です。

 

では、ここからの狙いは皆さんならどうしますか?

 

僕はまず・・・ブレイクを狙います!それは、ブレイク後ではなく、ブレイクする前にはポジションを取っているという意味です。

 

なぜなら、僕が相場を作れるほど大金を持っていたらレンジをブレイクさせた後に教科書通りの押し目買いポイントなんて作りたくないからです。w

 

 

だって、リスクを冒して↓①から大金使って、レンジをブレイクさせたあとに、

「皆さんは安全なところ(抜けた→戻った→エントリー)でエントリーしてくださいね~」なんて、絶対言いたくないです!w

 

相場でそんな優しさ必要ないです。w

 

更にブレイクさせた後は、その心理を利用して、

②の(レンジブレイク後に抜けた→戻った)押し目買いを待っている人たちには押し目は買わせず、頑張って高値圏でちょっとブレイクさせ、②で買いを待っている人たちに“持たざるリスク”を感じてもらい、

③から買ってもらいます!w

 

その買いが入った後に、都合よく大口の売り方が待ち構えている水平線↓があるんですよね。

それが楽に下落させるために買いを誘う?につながります。

 

なぜなら、買い方のロスカットを巻き込んでトレンドが転換していくからです。なので、僕の狙いは

(1) ブレイク狙い、(ブレイク前に)ロングを狙う。

(2) ブレイク後は下降トレンドに転換する場面でショートを狙う。

以上の2つです。

 

決して自惚れている訳ではなくて、この動きは相場でよく見かけますよ。皆さんも是非、検証してみてください。


為替・FX ブログランキングへ

いつも、応援ありがとうございます!

もし相場を操れたら・・

2014.05.08

テーマ:もし相場をつくれるなら・・

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

今日は、僕がもし相場を作れるくらいお金持ちだったらという話を。w

 

では、早速、画像で説明していきましょう!

 

まず、青波は下落しています。

12

しかし、赤の水平線には買い方が大きく口をあけて待ち構えています。

 

ここで、皆さんなら今の青波が安値を更新できなかったら、「Wボトムだからロング!」ですかね?

 

確かにそれもいいですね。

 

でも、僕がお金持ちで相場を作れる立場なら、

13

ここから“大金”つぎ込んで(オレンジ波)上昇はさせたくないですね。。

 

<できれば、省エネで上昇させたい!>

 

それには↓

14

まず、頑張って①で安値更新をさせる!w

 

すると、②をイメージした(緑点線)で戻り売りを入れてくる人が出てくる。

 

その人たちを利用して↓

16

②だけ頑張って陽線を作る!(1で安値更新させたポジションを買い戻す。)

 

そうすれば、緑(点線)波を意識した売り方は③で買い戻さず得ない状況になり、あとは勝手に買いが入る(ロスカット=売ってた人が買い戻す)ので、そんなに大金つぎ込まなくても上昇させることができる。

 

始めのオレンジで一生懸命買って上昇の波を作るより楽じゃないですかね?

 

なんて、相場巧者が本当にそんなこと考えてるかは知りませんが・・・w

 

僕だったら、そうするかな~という話でした。

 

では、火曜日のドル円ショートの結果ですが↓

【ドル円15分足】

fx水平線

ショート→利食い

 

水曜日はノートレでした。

 

今週は月・火曜で+90pipsくらいなのでもういいかなぁ~と。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ