Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

相場で負ったトラウマ

2015.05.11

テーマ:講師の失敗談

皆さん、おはようございます。kenyです。

今朝はまだノートレですが、狙いはあるので、チャンスがきたらトレードしていきます。

今日は僕が過去、相場で負ったトラウマについて書いてみました。

過去のブログ記事でも書いている、

・チャートパターン

・水平線

・ダウ理論

・トレンドライン

・フィボナッチ

・その他のインジ

トラウマだらけですが、中でももう二度と戻りたくないのは「短期足だけで相場を読むこと」ですね。

短期足だけでトレードしてボロボロにされたことはやはり〝トラウマ″ですね。

 

短期足トレードって、

「短時間で効率よくトレードできる」

「保有時間も短いからメンタル的に楽」

「短期足だから簡単」

というのが魅力で、始めてみたんですけどね。

格好良くトレードしている人もいて、羨ましいと思いやってみたものの、なぜか自分がやると上手くいかないんですよね。。。

今思うと、短期足トレードの良いところしか目に入らず、〝陰″の部分が観えてなかったですね。

 

思い出して書いているだけで、あの頃には戻りたくないと思いますね。w

短期足の場合はパターンがすぐに出現してくるからか?ついつい動いている短期足ばかり目に入ってくるんですよね。

しかも、解っていても一度嵌る(短期足に)と、なかなか抜け出せないんですよね。

相場は大きい足から動いていることを実感しないと、なかなかその呪縛から逃れることはできないと思います。

(僕の場合は↑で短期足の呪縛から逃れました。w)

まだトレードを始めて間もない方は、是非参考にしてもらいたい(トラウマになる前に)ですが、実際に経験しないと難しいかな。。。

 

それでは、今週も1週間頑張りましょう!

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

勝てない頃のチャート

2014.03.01

テーマ:講師の失敗談

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

週末、如何お過ごしですか?2月もあっという間に終わりましたね。

 

今日は時間があったので、僕がFXを始めたころ観ていたチャートの話を書いてみました。

 

まずは↓

1

ボリン&MA 複数表示して、

 

ここに↓

21

水平線を入れて・・・(実際はもっと引いていた)

 

更に↓

3

斜めライン入れて・・・と。

 

ここに“ダウ理論”を当てはめる。

 

今となって思うことは、こんなに複数の基準があって、どうやってチャート読めばいいんだろうか?

 

当時はこれで勝っている人がいると聞いてたので、なんの疑いもなく、トレード&検証してました。

 

でも・・・

 

背景が大事?

「読める訳がない・・」(←僕の場合)

 

エントリーは?MA抜けのエントリー?

「でも、すぐ次のMAがあるんですけど!!」

 

利食い目標は?

「水平線?MA?ボリン?いったいどこを目標にすればいいのか・・」

 

エントリーはミドルと水平線が重なるところ??

「そもそも水平線に基準はなく、ただなんとなく引いているだけだし・・」

 

切上げ・切下げラインを抜けたらエントリー?

「切上げ・切下げラインが綺麗に引けないときは!?」

 

こんなに基準が一杯あって心理まで読まないといけないの?

「そんなの無理だよ・・」

 

結局、一つのものを使いこなすことすらできず、この呪縛に数年間悩まされました!w

 

きっと“完璧なトレード”を目指していたんでしょうね。

 

それが今は↓このチャートに水平線だけ。

22

しかもみんなが僕と同じところに引ける基準を設けて。きっと、僕のトレードでロスカットしたところを見て、

 

「そこはMAがあったからでしょ~!」などと思った方いると思います。

 

そういったロスカット、僕は全然気にしてないです!w

 

今では、すべて完璧にトレードしようとは思ってませんし、当然、獲れないところも出てきます。

 

そんなことより、複数の基準という呪縛から解放されたかった。だから、ロスカットになったトレードでも、「これは仕方ないなぁ~」だけで済むんですよね。

 

そこに別の基準があったら、また新たな基準に合わせて相場を読んでいかないといけなくなります。

 

僕には、そんな何通りも読めません!w

 

だから、複数の基準で複雑にチャートを観るより、ひとつの基準でシンプルに深く読むことを選択しました。

 

別に水平線じゃなくてもいいと思います。

 

MA?トレンドライン?いいんじゃないですか?勝てれば何でも良いわけですから。

 

僕は水平線に行きついただけです。

 

ただ、一つのものを使いこなせないのに、ミックスはしない方がいいと思います。シンプルにすることで、観えなかったものが観えるようになってくるハズです。

 

久しぶりに↓このチャート作ってみて思ったことは

1

これで相場を読むのは、やっぱり難しいです!!w

 

また今度、僕の失敗談書いていきますね。

 

それでは、皆さん良い週末を!

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

条件の重なるとこでエントリーって?

2013.09.23

テーマ:講師の失敗談

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

連休如何お過ごしですか?今日は休日のためか生徒さんもいないので僕も出掛けちゃおうかな・・w

 

さて、今日は前回の失敗談の続きを。

 

前回は15分足のダウのみでトレードでしたが、その前も結構「これいけるんじゃない!?」ってのが幾つもありました。w

 

少しずつ、紹介していきたいと思います。

 

始めのころにやっていったのは、↓これです。

無題

<トレンドライン&水平線&ミドルバンド>

条件が重なるところでエントリーです!

 

エントリーポイントだけを勉強しまくっていた僕らはこれを探すことだけに集中していました。w

 

ただ、いつも青点線のような綺麗な上昇はなく、結構悩みました・・・w

 

なんで、条件重なるところで入っているのに勝てないんだろう・・・?と。

5分足だからいけないのか!?と思い、15分足で探したり、1時間足で探したり・・・1年近くこの検証だけやっていたような・・・w

 

その後しばらく経って気付いたことは、今ってどこまで上昇するって言ってるの?ってことです!

 

↑これが抜けてたんですよね!w

 

エントリーした理由は「条件が重なるから!」だけ・・・どこまで上昇するかなんて全く意識していませんでした。

 

今となってはですが、当然といえば当然ですよね。w

 

なので、今エントリーポイントだけ検証していて、(「条件重なるところでエントリーしてるんだけどな~」と)結果が出なくて悩んでいる方、僕らと同じ道を辿っている可能性高いので、アドバイスとして言わせてもらうと、

 

<今の上昇は○○まで目指している→だから、条件の重なるここでエントリーしよう!>

 

という方程式を自分の中に作ってみてはどうですか?そうすると、大事なことが見えてくると思います。

 

はい!結局、背景=今はどこまでの上昇(下落)なの?ってことが重要なんですよね。

 

それがわかってからは、「今は○○まで目指している!」要は背景の検証を始めた訳ですが、これまたどうやって勉強すればいいのか?

 

自分なりの答えを見つけるまで本当に苦労しました。

 

では、どんな勉強をしたか?

 

続きはまた、次回機会があれば書いていこうと思います。

 

あ!念のため言っておきますが、僕らはトレンドラインやミドルバンドは使っていません!

 

“環境認識からエントリー→利食い”まで水平線だけでトレードしています。

 

それでは、今週も頑張っていきましょう!

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

ようやく・・・

2013.09.20

テーマ:講師の失敗談

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

昨日の上昇はすごかったですね~!と、いっても、ユロ円は<月足→週足→日足>を読んでいれば、当然の上昇です。

 

数か月前から生徒さんにもそうチャートを読んでもらっていました。

 

「ようやく、きたか~」って感じです。w

 

そして、昨日の上昇が止まるところもやっぱりといった感じです。(なので、ショート狙いましたが、数pipsケチって約定しませんでしたw)

 

ドル円も同じこと。<月足→週足→日足>の流れなら納得の上昇。

 

珍しく尾形さんはFOMCでドル円の下落を買い向かう!と言って、はりきって起きてたみたいですけどね・・・w

 

僕らは今となっては<月足→週足→日足>が大事と言っていますが、勝てない時期は酷かったですよ。w

 

何が酷いって・・・

 

大きい時間足が読めないないので、(正確にはデイトレードでは必要ないと思ってました!w)

 

15分足の“ダウ”だけでトレードしてました!!w

 

15分足にジグザグ描いて、波だけでトレードしていました。

 

そりゃ、勝てないわ・・・

 

でも、当時は「シンプルでいいんじゃない!?」なんて本気で思ってました。

 

まぁ、そのトレード&検証も2ヶ月ほどで挫折しましたが・・・w

 

今となって思うことは、相場を動かしている人たちは、15分足なんて気にしてない!ということです。

 

ちゃんと、大きい足の勝負の決着がついた方へ相場は動いていますよ。

 

週末に検証される方、頑張ってくださいね!

 

では、良い3連休を!

 

いつも、応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

Mさんの失敗談

2013.06.14

テーマ:講師の失敗談

皆さん、おはようございます。

 

今朝は“FXマスターズ・クラブ”の講師の失敗談を記事にしていきたいと思います。

 

最初に登場してもらうのはチームリーダーMさん(47歳)です。

 

既にSkype面談をされた方はご存知だと思いますが、FXを始めた当初、ありとあらゆるインジゲータ&システムを購入していたそうです!

 

その総額なんと!250万円

 

よくもまぁ、こんなに購入できたもんです・・

 

そして、そのインジゲータ&システムを使った結果はというと・・総額5,000万円!w

 

それからは「目から血が出るまで検証」を続けたそうです、が・・・僕が知り合ったときのMさんのチャートは、まるで“くもの巣”

 

ボリンに信じられないほどの数のMA、トレンドラインにチャネルライン、フィボナッチにピボット、更にはグリッド?と思わせるほどの無数の水平線・・・

 

「この人は一体何を基準にトレードしているのか?」本当に理解できませんでした。w

 

完全に迷子だったと思います。

 

ですが、そんな人も今となっては「横棒」だけです!w

 

でも、その経験があったからか、教えるのがすごく上手です!

 

1年以上、週間収支が一度もプラスになったことがなかったチームのAさんもMさんの指導(スパルタ)の下で、“横棒”だけを使い、今では立派に専業になっています。

 

元々、無数の水平線とボリンの呪縛から逃れられず、苦しんでいたAさんですが、その【シンプルでブレない基準】のお陰で勝てるようになったと言っていました。

 

次回はOさんの失敗談を書いていきます。(彼も曲者ですw)