普通とは違う「ダウ理論」の使い方

皆さん、こんばんは。kenyです。

 

今日は、僕が手法を構築するうえで基礎となった『ダウ理論の使い方』を簡単にまとめてみました。

 

ダウ理論をベースにトレードをしている人も多いと思います。僕も手法を構築するうえで、ダウ理論を取り入れてトレードルールを作り上げました。

 

まず、ダウ理論の基本的な考え方から確認していくと、

 

ダウ理論の基本的な考えは↓

ダウ理論 目線

「高値切り上げ・安値切り上げ」

「上昇トレンド(上目線)だから」

ダウ理論 目線

「押し目買いを狙う!」だと思いますが、

 

 

僕の場合は↓

ダウ理論 目線

「高値切り上げ・安値切り上げ」

「上昇トレンドで多くの人は押し目買いを狙っているはずだから」


「多くの人とは逆の売りを狙う!」

 

これが僕のダウ理論の使い方です。w

 

いつも書いていることですが、相場の世界は「勝ち組2割以下、負け組8割以上」と言われています。その中で多くの人が意識しているものが通用するのか?という疑問から生まれた発想です。

 

※実際は水平線だけでトレードしているので、ダウ理論は使っていません。ただ、この考え方をベースに水平線だけでトレードできるように変換して使っています。

 

「FXマスターズ・クラブの手法」について、こちらに記事をまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

FXマスターズクラブの真髄

 

 

それでは7/5(水)~のトレードと今週の成績を<おまけ>の方にまとめたので、良かったら覗いてみてください。

 

本日のおまけ→7/7おまけ

 

パスワードは人気ブログランキングの説明文のところに貼り付けています。

パスワードは↓コチラから

為替・FX ブログランキングへ

いつも、応援ありがとうございます!


FXマスターズクラブへのお問い合わせやご相談はこちらからどうぞ!