Profile

勝つ為のトレードルールを教えるFX塾「FXマスターズクラブ」

業界初!リアルタイムのチャートを使って、FXで勝つ為に必要なシンプルで明確なトレードルールを教え、あなたをFXで勝てるように導きます!

最新の記事

2014-2015

2014.12.30

テーマ:お知らせ

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

さて、2014年もいよいよ終わりですね。

 

今年もクラブを通じて多くの方に出会うことができました。

 

<出会いは運、時間と空間の交差する一瞬>

 

来年も「良い出会いだった」と言ってもらえるよう頑張りたいと思います。

 

また、当ブログを応援してくださった方々もありがとうございました。

 

2015年も引き続き、意味のある記事を書いていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

 

最後になりましたが、皆様の益々のご健勝とご発展を祈念申し上げて、年末のご挨拶とさせていただきます。

 

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

 

いつの世も変わらないこと

2014.12.26

テーマ:ぶっちゃけ話【心理編】

「市場を動かすのは理性や理論、純粋な経済活動などではなく、人間の心理的側面であること、そして人間の本性はいつの世も変わらないと心得ること」

ジェシー・リバモア

 

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

今日は、時間が取れたので、「心理」について書いてみました。

 

よく、投資に関する本の中に出てくる「心理が・・・」という話。

 

心理って何?

 

言葉の意味はわかるけど、それを相場でどう使うわけ?

 

僕が相場で使っている〝心理〟とは?

 

まず、【画像①】のチャートだけを見てください。

【画像①】

1

(これだけの情報しかないなら・・) 皆さんはこのあと何を狙いますか?

2

「上昇トレンドだから、押し目買いでしょ~!」

 

そうです!これが「心理」です。

 

「はぁ?」と、なりますよねw

 

では、続きを↓

3

押し目買い狙いだったので、水平線を引いて①でロングしました。

 

ここで(とても簡単な)質問です。

 

なぜ、①でロングしたのですか?

 

どうなると思ってロングしたのですか?

 

教科書通りの答えなら、

 

上昇トレンド中だから・・・

 

(直近の)高値を超えていくと思うから・・

 

その他、レジサポだから・・など、だと思います。

 

では、①で押し目買いを入れた人は、上昇トレンドにならなかったらどうするんですかね?

 

直近の高値を超えていくと思っているのに、超えていかなかったらどんな行動に出ますかね?

 

僕の場合は、この心理を利用して相場を観ています。

 

相場心理をチャートから読み解く方法

 

いつも応援ありがとうございます!

為替・FX ブログランキングへ

休み

2014.12.24

テーマ:お知らせ

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

年内のクラブは昨日で終了しました。

 

2014/12/24~2015/1/4まで、クラブもトレードもお休みです。

 

相場は逃げませんから、また来年頑張りたいと思います。

 

ブログはときどき更新する予定です。ただ、先日、卒業生から「kenyさん、ブログに書き過ぎ!!」って言われちゃったので、書くことが・・・w

 

何か思いついたら書いていきます。

 

それでは。

 

年内トレードされる方は頑張ってください!

 

いつも応援ありがとうございます!


為替・FX ブログランキングへ

今年の相場を振り返って

2014.12.22

テーマ:水平線トレード【2014】

皆さん、こんにちは。kenyです。

 

先日の記事にも書いた通り、僕の年内のトレードは終了しました。

 

2014年は結果から言うと、週間マイナスの週が3回ありました。

 

トレードはすべてブログか<おまけ>で報告しています。

 

クラブでは毎日生徒さんとリアルタイムで相場を読み、事前に相場背景から出口を見つけ、そしてエントリーポイントまで説明をしてきました。

 

また、トレードも個人的な“相場勘”は一切捨てルール通りに淡々とトレードしてきました。(リアルで教えるときに↑最も重要なこと)

 

週間で成績がマイナスの週も、相場を読むのが難しい週もありました。

 

でも、リアルタイムだからこそ、(難しい相場と簡単な相場がどういうときか)実感できたことも多かったと思います。

 

また、相場を“心理で読んでいく面白さ”も伝えられたと思います。

 

よく相場は「上がるか、下がるか」だけ、と言いますが、僕は「儲けたい、損したくない」だけ、だと思います。

 

儲けたいと思ってポジションを持っている人は、(当然)損したくないと思っているから。

 

だから相場は上がったり、下げたりするものだと考えています。

 

どこでも「上がるか、下がるか」だけなら1/2の確率になるはずなのに、相場はそうはならないです。

 

その「上がるか、下がるか」をピンポイントで見つけられるか?が重要だと思います。

 

僕の年内のトレードは終了しましたが、クラブの方はもう少しあるので、引き続きチャートは観ていきます。

 

それでは、今週もトレードされる方は頑張ってください!

 

いつも応援ありがとうございます!


為替・FX ブログランキングへ

ドテン

2014.12.19

テーマ:ぶっちゃけ話【トレードルール編】

皆さん、おはようございます。kenyです。

 

昨日のトレードは、生徒さんがルール通りに立ててくれたシナリオでトレードしました。(いつもそうですが・・)

 

【ドル円15分足】

fx塾

ロング→利食い

 

今週は、バタバタしていてトレードは3回しかできませんでした。w

 

結果は +100pips くらいでした。

 

今日はドテンについて記事を書いてみました。

 

皆さんがドテンするときはどんなときですか?

 

なんとなく?

 

感覚?

 

感情的になって、ドテンして往復ビンタ・・・

 

なんて経験は誰にでもあると思います。

 

もちろん、僕もあります。

 

でも、今では感情的にはならず、「そういうことね!じゃ、ドテンするよ!」と。

 

僕がドテンするときは、あるときだけ!

 

それは、、、、

 

まず、以下の図から背景を確認します。

ここでの背景は、aの水平線を上抜けているので、bまで上昇すると言っていますね。

 

ということは、メインの狙いは「押し目買いロング」となりますね。

 

その後、↓

あることをきっかけに「あれ?これは、あの押し目までは下落するなぁ~」ということで、「①から押し目までショート!」

 

しかし↓

×でロスカットになってしました。

 

「あの押し目まで下落するはずだったのになぁ~」「おかしいなぁ~」なんて、首をかしげている場合ではありません!!w

 

「あの押し目まで下落するはずだったのになぁ~」⇒それが否定されてしまったんです!

 

なぜ?

 

もうお解りですよね?

 

水平線aを上抜けして、水平線bまでいくという目線が優先されたからです!(押し目まで下落せず、本波が始まってしまった。)

 

ならば、ドテンロング!です。

 

本波を無視して緑波でショートしていた訳ですから、いつひっくり返されても文句はいえませんよね。

 

ショートでドテンする時はこの逆です。

 

まとめると、「水平線aを抜けて、水平線bまで行くと言っている」

 

①下落するはずの場面で下落しない!⇒本波の始まり⇒ドテンロング!

 

②上昇するはずの場面で上昇しない!⇒本波の始まり⇒ドテンショート!

 

となります。

 


為替・FX ブログランキングへ
いつも、応援ありがとうございます!

1 / 41234